社会教育

子どもの金銭感覚_アイキャッチ画像01

家庭で上手に育もう! 子どもの金銭感覚

灯台編集部編

正しい金銭感覚を身につけるには、家庭での取り組みが大切です。毎日の生活や遊びのなかで、お金の大切さや正しい使い方を伝えましょう。 続きを読む

がん教育201712_アイキャッチ画像01

特別対談「がん教育」で変わる日本の未来 (下)

林 和彦(東京女子医科大学がんセンター長)×小林豊茂(東京都豊島区立明豊中学校校長)

「がん教育」を、これまでそれぞれの立場で力強く推進してきた東京女子医科大学がんセンター長の林和彦医師と、東京都豊島区立明豊中学校の小林豊茂校長の特別対談。㊤㊥の2回の内容には、大きな反響がありました。最終回となる㊦では、これまでの語らいを踏まえ、がん教育で変わる日本の未来を展望します。 続きを読む

がん教育201711_アイキャッチ画像01

特別対談「がん教育」で変わる日本の未来 (中)

林 和彦(東京女子医科大学がんセンター長)×小林豊茂(東京都豊島区立明豊中学校校長)

「がん教育」をこれまでそれぞれの立場で力強く推進してきた林和彦医師と小林豊茂校長。㊤では、NHK『あさイチ』(2017年7月26日放送の「親子で知ろう! がんのこと」)にお二人が出演するまでの経緯やお二人の出会い、明豊中学校でのがん教育の授業の模様などを語り合っていただきました。今号では、がん教育についてさらに語らいが深まります。 続きを読む

がん教育201710_アイキャッチ画像01

特別対談「がん教育」で変わる日本の未来 (上)

林 和彦(東京女子医科大学がんセンター長)×小林豊茂(東京都豊島区立明豊中学校校長)

今や文部科学省も推進し、次期学習指導要領にも明記される「がん教育」。そんながん教育を、これまでそれぞれの立場で力強く推進してきたのが林和彦医師と小林豊茂校長です。お二人は2017年7月26日にNHK『あさイチ』ががん教育を取り上げた際にも登場(*)。〝第一人者〟とでもいうべきお二人に、『あさイチ』放映にいたるまでの経緯、またがん教育の現状や展望について語っていただきました(3回にわたって紹介します)。 続きを読む

がん教育201708_アイキャッチ画像02

自らもがんを患いながら「がん教育」を推進する学校長

東京都豊島区立明豊中学校校長
小林豊茂

がん教育はわが使命 中学校校長の挑戦

 東京都豊島区は、全国に先駆け、2012年度からがん教育を推進しています。私は「豊かな心を育む、生命の教育」という視点から、がん教育に取り組んできました。そうしたなか、2016年夏の定期検診で肺がんが見つかったのです。 続きを読む

がん教育_アイキャッチ画像01

いのちの大切さを知る「がん教育」

東京女子医科大学がんセンター長
林 和彦

がんの専門医として「がん教育」の現場に立つ林和彦先生に、これからのがん教育のことや、子どもたちに託す思いを聞きました。 続きを読む