usami-colum-title

【エコ生活】第13回 大活躍の保温容器

ライフスタイルアドバイザー
宇佐美総子

 寒い日が続くと、温かいものがより一層おいしく感じられます。
 最近わが家で重宝しているのが写真右・タイガー魔法瓶株式会社の保温容器。水筒はスリムな形状なので細身のカバンに入れても邪魔にならず、持ち運びが苦になりません。
エコライフ13_201401
※筆者お気に入りの保温容器(写真提供/筆者)

 これまでさまざまな容器を使ってきましたが、カバンの中で倒れると液体が漏れ出して、シミになってしまうことが悩みでした。でも、この容器にしてからは漏れ知らずです。口がしっかりと締まる設計になっているので、横にしてもこぼれる心配がありません。朝、コーヒーをドリップして入れておくと、夕方まで程よい熱さをキープして、最後の一滴までおいしく飲むことができるのもうれしい点です。デザインもスタイリッシュで、なんと言ってもこの軽さには驚かされます。"今までの水筒は何だったの?"と思わせてくれる軽さなんです。
 それともう1つ、気に入っているのが、写真左・サーモス株式会社の保温容器。熱々のスープを入れて持ち運べば、パンを片手に手軽にあったかランチがどこでも食べられます。
〝これは離乳食にもいい!〟と、スープとご飯を一緒に入れたり、茹でたパスタを細かく切ってスープパスタにしてみたり……。シチューやカレーを入れて、もう一方にホカホカご飯を入れれば、カレーライスや丼にもなるんですよ。冷たいものにも使えるので、フルーツを入れたり、デザートにも◎。長男の龍聖くん(雑誌掲載当時1歳3ヵ月)はじっと座っていられないので、お店で周りの目を気にしながら慌てて食べるよりも、外ご飯のほうが気楽だったりします。この容器に出合ってからは日々バリエーションが広がっています。
 この冬はあったか外ご飯に色々と挑戦してみたいと思います。

☆月刊誌『灯台』2014年1月号より転載


宇佐美総子 うさみ・ふさこ●ライフスタイルアドバイザー。ほかにも司会、モデル、カウンセラーなど多彩な顔を併せ持つ。豊富な経験から得た無添加・天然素材等の知識をもとに環境問題に取り組んでいる。著書に『幸せをはこぶ 天使のパン』(主婦と生活社)。 Gateau d'ange 北鎌倉 天使のパンケーキ