HU046_L

雨の日でもOK! おうちで〝プチ運動会〟

灯台編集部編

最近、春に運動会を開催する幼稚園や保育園も増えてきていますが、10月の「体育の日」にあわせて運動会を開催するところもまだまだあります。今回は、運動会シーズンであるスポーツの秋に、家族で楽しめる遊びを紹介します。

子どもが大好きな運動会を家庭でも楽しみましょう!

 気候が穏やかで暖かい春に、運動会を行なう幼稚園や保育園もありますが、やはり「スポーツの秋」に行なうところが多いようです。
 運動会は、体を動かすことが大好きな子どもにとって、楽しみなイベントの1つ。「玉入れ」「障害物競争」など、運動会ならではの競技に子どもたちは夢中になることでしょう。
 そこで、家庭でも〝プチ運動会〟を開いてみてはいかがでしょうか? 今回は身の周りにあるものを使って、室内でも簡単に楽しめる〝プチ運動会〟の種目アイデアを紹介します。
 普段とは異なる遊びに、子どももきっと盛り上がること間違いなし。入園前の小さな子どもにとっても、運動会を体験できるよい機会になります。
 ちょっとした工夫で、日々の遊びはグンと楽しくなり、親子一緒に大満足できるでしょう。

<〝プチ運動会〟を始める前に> 
始める前に、以下のことに気をつけ、準備しておきましょう。

●周囲を片づけておく
運動会に夢中になって、子どもが周囲にぶつかったり、けがをしないよう、部屋の中を片づけておきましょう。
201410遊び01

●動きやすい格好で
服装はフードやリボンなどひっかかりやすいものが付いていない、シンプルなものに。靴下も脱いでおいたほうが安全です(スベリ防止)。
201410遊び02

●サプライズでプレゼントを!
運動会終了後に、「がんばったね」という記念として渡せるようなサプライズプレゼントを用意しておくと、子どもも大喜び間違いなしです。
201410遊び03

【いざ! 親子で〝プチ運動会〟】

室内でも楽しめる、運動会の種目アイデアを紹介します。
◆小さな子どもでも楽しめる!玉入れ
〈用意するもの〉
洗濯物かごや大きめのかごなど 新聞紙 セロハンテープ
〈作り方〉
①新聞紙を適当な大きさにちぎり、テニスボール大に丸める。
②①をセロハンテープで巻き、ボールの形が崩れないようにする。10~15個ほど作る。
〈遊び方〉
通常の玉入れのように入れた玉の数を競い合うのではなく、親子で全部の玉をかごに入れることを目的に遊ぶ。
201410遊び04

◆冒険気分が味わえる!障害物競走
〈用意するもの〉
敷布団(軽めのもの)1枚 クッション(または座布団)2個 
荷造り用ビニールひも はさみ いす2脚
〈作り方〉
①敷布団の一部を山形にし、トンネルを作る。
②クッション(座布団の場合は二つ折りにしても)を重ねてビニールひもで縛り、小さな丘を作る。
③いす2脚は並べて置き、下をトンネルにする。
〈遊び方〉
障害物を越えながら進む。
201410遊び05

※集合住宅では騒音への配慮も大切です。子どもが興奮してとび跳ねたり大声を出したりし始めたら、注意するようにしましょう。

☆月刊誌『灯台』2014年10月号「ヤング・ミセス・プラザ」より転載