なわ跳びアイキャッチ画像(送付用)02

なわ跳び遊びで跳躍力を育てる

灯台編集部編

ママやパパも子どものころにたくさん遊んだ「なわ跳び」。「まだ難しい」「まだ上手にジャンプできない」という小さな子どもが、楽しみながら、徐々に跳べるようになる方法を紹介します!

ジャンプの楽しさを覚えさせよう

「歩く」「走る」がしっかりできるようになってきた子どもは、「ジャンプ」ができるようになるのも間近かもしれません。
 最初は上手にジャンプできないので、怖がって、どうすればいいかわからないという子どもも多くいます。まずは、親が両手を持って、平地でジャンプさせることから始めてみるといいでしょう。
 ジャンプに慣れてきたら、少し高いところから、親が両手を持ってぴょんと跳び下りさせてみましょう。
 一人で果敢にジャンプに挑戦しはじめたら、両足がそろっていない大股歩きのようなジャンプでも、たくさん褒めて、ジャンプの楽しさを教えてあげましょう。
 ジャンプが楽しくなってきたら、なわ跳びの出番です。ジャンプ初心者の小さな子どもが、徐々になわ跳びに慣れていく方法を紹介します。
※遊びはすべて外遊びを基本としています。

1本のなわ跳びを使って 

①1本のなわをまっすぐ置き、その上をジャンプします。何もない場所より、目印があるほうが子どもは意欲を出します。足を少し開いて、ひざを曲げると大きく跳べるなど、ジャンプのコツも教えてあげてください。
②①のなわの上を、動物になりきってジャンプします。両腕を頭の上に伸ばし手首を曲げて「ウサギジャンプ」、両腕のひじと手首を曲げて胸の前に出して「カンガルージャンプ」、しゃがんで両手もついて「カエルジャンプ」など、工夫をこらして遊んでみましょう。
実_08

2本のなわ跳びを使って 

①2本のなわを、20cmほど間をあけて置いて、道を作ります。その道をジャンプで前へ進みます。
②2本のなわの間に両足をそろえて立ちます。これが「グー」。次にジャンプして両足を開き、2本のなわをまたいで立ちます。これが「パー」。「グー、パー」と言いながらジャンプすると、うまくできます。
実_09


「動き」に合わせてジャンプする

 なわ跳びの醍醐味といえば、動いているなわのタイミングに合わせてジャンプすること。でも、なわ跳びを初めて体験する子どもには、簡単なことではありません。失敗を気にしないで、どんどんチャレンジさせてあげましょう。
 子どもが興味を持つよう「にょろにょろヘビさんだぞ!」と言ってみたり、タイミングをつかみやすいよう「イチ、ニのサン、それ!」などと声かけをしてみたりするのも効果的です。

A.ヘビさんをジャンプ!
親はしゃがんで、なわが地面につくようにして持ち、手首を左右に素早く揺らします。揺れるなわを踏まないよう、子どもはジャンプします。
実_10

B.波を前向きジャンプ!
大人2人でなわを持ち、左右に大きくゆっくりと揺らします。子どもはなわに向かって立ち、なわが目の前に来たらジャンプして跳び越え、そのまま前に走り抜けます。同じところに戻って繰り返します。
実_11

C.波を横向きジャンプ!
Bができるようになったら、今度は子どもに親のほうを向かせて、横向きでなわをジャンプ。なわを持つ親の手元を見ながらタイミングを計ってジャンプができるようになると、そのまま連続してなわ跳びができるようになります。
実_122


☆月刊誌『灯台』2011年8月号「ヤング・ミセス・プラザ」より転載