がん教育201710_アイキャッチ画像01

特別対談「がん教育」で変わる日本の未来 (上)

林 和彦(東京女子医科大学がんセンター長)×小林豊茂(東京都豊島区立明豊中学校校長)

今や文部科学省も推進し、次期学習指導要領にも明記される「がん教育」。そんながん教育を、これまでそれぞれの立場で力強く推進してきたのが林和彦医師と小林豊茂校長です。お二人は2017年7月26日にNHK『あさイチ』ががん教育を取り上げた際にも登場(*)。〝第一人者〟とでもいうべきお二人に、『あさイチ』放映にいたるまでの経緯、またがん教育の現状や展望について語っていただきました(3回にわたって紹介します)。

*林先生は2017年灯台7月号、小林校長は同8月号にインタビュー記事を掲載。また2017年7月26日の放送「親子で知ろう! がんのこと」では、林先生は専門家としてスタジオに、小林校長は明豊中学校の公開講座の紹介でビデオ出演した。

hayasikazuhiko2 東京女子医科大学がんセンター長
林 和彦
はやし・かずひこ●1961年、東京都生まれ。医学博士。東京女子医科大学化学療法・緩和ケア科教授、がんセンター長。2014年に特別支援学校自立教科教諭一種免許状、2017年に中高の保健科教諭一種免許状を取得。著書に『子どもと一緒に知る「がん」になるってどんなこと?』(セブン&アイ出版)など。
kobayasi2 東京都豊島区立明豊中学校校長
小林 豊茂
こばやし・とよしげ●1961年、東京都生まれ。2014年4月、豊島区立明豊中学校に校長として赴任。学校として「がん教育」に取り組むなか、2016年夏に自身にステージ4の肺がんが見つかり、現在も治療を継続している。全国新聞教育研究協議会会長。
 

――『あさイチ』の放映後は、大変な反響だったのではないでしょうか。

小林 とにかくたくさんの友人、知人から連絡をいただき、その反響にとても驚きました。
 そうでした。あの日、視聴者からのメールやFAXもいつも以上に多かったそうです。たくさんの人に関心をもって見てもらえて、本当によかったと思います。
小林 2017年5月13日にわが校で開催した「がん教育」の土曜授業は公開授業でしたが、放送するに当たって、NHKの担当者の方が何度も学校に足を運んでくれました。がんは非常にデリケートな問題を含んでいますから、綿密に打ち合わせをさせていただきました。
 私も出演するからには、がんの専門家としてきちんと伝えたかったので、「あまりバラエティー番組のような手法はとってほしくない」などの意見をいわせていただき、直前まで内容のすり合わせを行ないました。

「私と二人でがんの授業をしませんか」

――放映された「がん教育」の土曜授業は、明豊中で行なわれた林先生による2回目の授業です。1回目は約2ヵ月前の3月4日で、お二人はそのときが初対面。その場で次回の授業も決められたそうですね。
 そうです。ただ1回目のときは、小林校長は肺がんの治療で入院していると聞いていました。ですから当日お見かけした際には「退院された」と思っていたのですが、病院を抜け出してきたっておっしゃって……。
小林 担当医から許可はもらっていましたけど(笑)。授業終了後、林先生とはぜひお話をしたくて、校長室に来ていただきました。
 そのときの話は鮮明に覚えています。話に引き込まれて、時間の経過に気づかないほどでした。教育者としての姿勢やがん患者としての振る舞い、心情をお聞きするにつれて、私だけでとどめておくのはもったいないと思い、「私と二人でがんの授業をしませんか」と申し上げたのです。
小林 これからの時間をがん教育に捧げるのが私の使命だと感じていただけに、先生の申し出は大変にうれしく、すぐに日程を確認して、5月13日に決定しました。こうして振り返っても、お会いしたことが偶然とは思えないのです。

全校生徒が「命」について考えた

――開催までの準備はどのように進められたのですか。
小林 明豊中では、以前からがん教育や防災教育を通して命の大切さを伝える授業を展開していました。ですから今回も、林先生の話を聞くだけにはしたくありませんでした。
 そこでまず、春休みの宿題として、全校生徒に命についての作文を書いてもらうことにしたのです。先生には、何度となく来校していただき、一緒に企画を検討していただきました。
 がん教育は道徳の一環と位置づけることも、保健体育の枠組みでとらえることもできます。そのため、学校との打ち合わせはいつも大切にしています。今回は、小林校長と一緒に授業をするということで、さらに万全を期したいという気持ちがありました。いつも行なっている生徒さんへの事前アンケートと、全員の作文も読ませていただき、授業の参考にしました。
小林 当日は、1時間目は各クラスで命について考える授業を行ない、その後、体育館に移動して、代表4名による作文、先生の授業という構成でした。
 皆さんの真剣なまなざしが印象的でした。質問しながら泣いている子もいましたね。それだけ熱心に聞いてもらえたことに、感謝しています。(つづく)

がん教育201710_画像01

☆月刊誌『灯台』2017年10月号より転載